TOPICS

27年 1月 古天神 俳句

谷底に落ちる気配よ月凍る

冬兎轢かれた耳の白さかな

問いただす視線漂い霰降る

薪はじけ独居の眠り深くなる

葉を落とすクヌギ林は星の棲む

冬枯れのクヌギも枝で探し出す

轢かれたる白兎(はくと)の涙凍りゆく

菫らを眠らす野原未だ霜

冬の月背に貼り付けて角曲がる

戸を閉めてより人を恋ふ寒の月

冬灯り探し求めて街を漕ぐ

ゆらゆらと情念の人雪溶かす

枯れ野さえ情念ゆらり焼き尽くす

買い物の籠も寂しげ松の内

言いしれぬ寂しき夜に雪灯り

屠蘇吞まぬ元日となる父居らず

なまこ食ふ正月の朝消えたまま

27年1月18日

古天神  井崎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
rtca